FC2ブログ

蓮と宝

札幌在住。宝(ポウ・イタグレ9歳♀)普通の お散歩日記

 

日本一の秘境駅に徒歩で辿り着いた


Category: おでかけ   Tags: ---
岩屋観音を後にしたらば
つづら折りの山道を登って行く。



あちこちにロープが張ってあるので
やっぱり 安全ではないんだろうね。



そんなこんなで 無言で歩く。
この辺りになると 足はガクガクで
乳酸は溜まりまくり、ヒグマの心配はすっ飛んだ。
そして人工物が見えてきて
やっと 今回の目的地の小幌駅へ到着。

三方を山に囲まれ、唯一 海に面した側からも
急な獣道を登るしかなく、もちろん民家も駅から伸びる道路もない。

なぜこんな所に 駅が出来たのかは知らないが
不思議な秘境駅に辿り着くには
体力勝負だということがわかった。



撮り鉄も乗り鉄も 誰もいない。
でも、ここにはバイオトイレやら花が植えてあったりで
人が来ていた気配があって ちょっとホッとする。
が。マムシに注意の看板だらけ。



ちょうど 通過したスーパー北斗。



丁度、トンネルとトンネルの間という立地的な事もあって
あっという間に 吸い込まれて行った。



さぁさぁ、後は帰路だけ考える。

来た時とは違うルートを模索するが、スマホは圏外。
太ったカナチョロがチョロチョロしていた。



トイレ側じゃない方のホーム裏からアタック。
やはり獣道には変わりないが
来た道よりは 足場も良くて 川には橋らしきものもかけてあって ありがたい。



えらく長い時間 山に入っていた様に感じたが
時計を見ればそんなに時間は経っていないようだ。



無事に駐車スペースまで戻って安堵する。
えらい達成感。
結構のんびり休んだりしたけれど正味3時間のアドベンチャー。

気分は爽快。だが、汗でベタベタ虫だらけ。
頭から水をかぶって 手ぬぐいを頭に巻く。

服も着替えて ぬるいコーヒーを一気飲みして至福の時
自分の腕にダニを見つけて ギョッとする。

もう皮膚に食い込んでいたので
ダニ取りキャッチャー出動。
頭から無事にひっこぬけた。

犬も急いで再チェックしたが 無事だった。



あれだけ、虫がブンブンしていたのに
これだけで済んで良かった。

冒険には虫除け必須。
肌を出しちゃいけないね。



秘境ってすげぇ!


Category: おでかけ   Tags: ---
向かったのは 礼文華トンネル。
ここの南側から林道に入り 駅を目指す。



見た目はともかく
肌を出さないようにありったけの布を身につけて
ズボンは靴下にイン(笑)
ありったけの虫除けシールも貼って出陣。



最初は 道幅も広い林道からのスタートだったが…
ヒグマの心配も本気でするほどの山道をひたすら歩く。



足元は砂利。っていうか、ほぼ沢。
数日前までの雨が影響しているのか
滑るし融通が効かないく 恐ろしい。
秘境って、やっぱり簡単に辿りつけない所にあるもんだね。



土が わずかでも見えてる所は
地面を感じてホッとする。

一筋縄では行かないのさ。



道はほんのりついているが
看板とかはないので、正しい道かもわからないまま
虫の巣窟を突き進む。



何度も何度も急な斜面を登っては降りてを繰り返し
何度も何度も 川を越えて
生きて帰られるのかを心配し始めた頃に
やっと目を前がひらけ、桟橋が一つポツンと置いてあった。



汗をたっぷりかいた ご褒美だな。



1個目の目的地、岩屋観音、小幌洞窟遺跡に到着。
断崖絶壁に囲まれ、秘境感たっぷり。
今から350年前に円空が
ここの岩屋洞窟で5体の仏像を彫ったと言われる場所。



生涯12万体ですって。

すごいです。

現在6体の複製と共に 岩屋観音は安置されてるそうです。



しばし、休憩し更に 山にアタック。
時刻は正午過ぎ。

次は多分、この洞窟の上の山を歩くんだろうね。



私たち、現世に帰られるのだろうか。
秘境駅は遠い。

秘境へ行こう


Category: おでかけ   Tags: ---
やっと決行に至った 小旅行プラン。



先ずは、長万部行きの列車に飛び乗る。

地下鉄からの乗り継ぎのJR。
乗車は発車1分前…
だが、乗れたのですべてが丸くおさまる。
犬用チケットは車内で買うよ(^◇^;)280円



5キロの犬を担いで力のかぎりで走ったら
心拍数はMAXまであがり へぇへぇだったが
スーパー北斗のアナウンスでチカラが抜ける(笑)

「この先エゾシカなどの野生動物か多数出没する区間を走行いたします」

「停車時間はわずかです。千歳空港へは参りません。帯広、釧路方面へも参りません」…ですって。



ともあれ、長万部に無事到着。
本日の心強い相棒とも 無事合流。

長万部名物の「かなやの かにめし」も買えた。
人間用朝ごはんで。腹ごしらえは 浜辺でね。



かにめしを食すのは 幼少期以来。
随分と時が流れたもんだ。

今年はじめての海に、宝は大興奮。
全力で遊ぶ。



オヤツも要らないくらいに 楽しくってしかないそうです。
風もないから たいしたいいわ。絶好の行楽日和。



お腹を満たしたら さぁ 出発だ!



つづく

08 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

07

09


 
プロフィール

レン

Author:レン
蓮(レン)人間。飼い主。
宝(ポウ)2008年生
イタグレブルー ♀
小樽生まれ。札幌育ち。
尻尾はドキンちゃん

 
いくつかな?
 
 
 
 
アクセスカウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

Archive   RSS   Login