蓮と宝

札幌在住。宝(ポウ・イタグレ9歳♀)普通の お散歩日記

 

足元注意


Category: 皮下腫瘍   Tags: ---
テコテコ歩いて お礼参り。
宝の右腹に君臨していた銀杏みたいなヤーツは
米粒くらいになりました。
探さないとわからないくらいに小さくしてくれてありがとう。
出来れば全部溶かしてツルリのお腹にして下さい…って
少々図々しくも 新たにお願いをしてきました。




久しぶりの青空。
お散歩日和だけど
足元は氷の所もあるから
滑って転ばないように慎重に歩いたよ。





まだ、今季は 転んでいない。

カブは冬季休暇。冬眠に入ったの。
目覚めるのは4月の10日前後の予定。





足元注意は 家の中も。
その辺に うちのワンたんが転がっているから。

⑧縮小してらぁ~


Category: 皮下腫瘍   Tags: ---
2016年11月20日(土)発見から9日目

19日の昨日は 「あれ?おや?コレはもしや?」と、
中身の質感が変わり、若干小さくなってるきがした。

え?気のせいかも!?(・_・;?と思ったが

続いての今朝には
どっちにあったっけ?ってくらいに
ポコンとしていたのが しぼんでんきた。


発見した次の日には
美味しそうな枝豆位に急成長したのでビビったが
今や発見時よりも小さくなっている。
殻の中、成長出来ずに寂しく佇む 枝豆くらい。
(薄っぺらい、楕円形)

まだそこに、ある事はあるんだけれど
破裂するんでか?っていう危機感はもうない。

もう一息で抹消出来るかも?
やっぱり3週か?って、期待も出来そう。
…凄いじゃーーん!?お手当効果。

お手当変化の「3の法則」は
3日、3週間、3ヶ月。

要観察は継続中~



⑦ポチくん葛粉、ドカンと倍量投与中


Category: 皮下腫瘍   Tags: ---
2016年11月16日(水)発見から5日目

朝、昼は思いついたらビワの葉エキス。
コットンに含んで塗ったり
寝ている時は脚と胴体の隙間に
すかさずスルリと入れて湿布する。




夜は里芋パスター。数時間。
動くと布団に擦れて取れてしまう。
色々試したが 粘着包帯が1番効率が良い。

パスターが剥がれてしまったら
ペタペタ犬になっているので
蒸しタオルで 拭きませう。

それがここ数日で 日課になってきた。





超排毒玄神を使うタイミングを逃してしまったが
熱も出ていないし、腫瘍自体も落ち着いてきたので まぁいいか。と。
(小さくもなっていないが 成長は止まった)

このまま、葛粉と乳酸菌に頑張ってもらおう。
目力、体力共に回復傾向。良い兆候。
Amazonプライムで 即刻お届けは 葛粉1㎏の大袋。
いつもは500gの袋を買うんだけれどね。

葛を使用する時の注意は
必ずしっかり加熱してから与えること。
コレは忘れてはならない。

今回、痛感したのは
民間療法っていうのは使う人の知識、技術力もさることながら
効かせる為には いかにタイミングが大事かってこと。


14日(月)↓


⑥脇腹にとどまって欲しい


Category: 皮下腫瘍   Tags: ---
2016年11月13日(日)発見から3日目

今日は昨日と同サイズのまま。
中身の質感も変化なし。眼力もある。

夕方帰宅後に またパスター。
ガーゼにパスター乗っけて
サージカルテープで一周巻いてから 腹巻という形で挑戦。






結果は撃沈。
1番ダメだわ。

腹巻は普通に外して 抱っこして寝ていたし(笑)

ガーゼはとどまっていたけれど
テープの粘着力が思っていたよりもずっと強いらしく
なかなか剥がれなくて痛がる。
特に脚の付け根のピロピロの皮膚部分ね。

蒸しタオルくらいでは歯が立たず
仕方がないから 、シャワーで濡らしながらの格闘。
十数分はかかったと思う。

お尻の時は たいした良かったテープだけど
腹側には使わない方が賢明だということがわかった。



カラダが充分に乾いたら またパスター。
今度は パスター自体の粘度を高めに練って
くっつく包帯でとめただけ。

コレで朝まで持てばいいんだけど。無理だろな。
3時間くっついていてくれれば万々歳。

食欲は相変わらず しっかりあって
割と元気にはしている。

⑤戦闘開始の里芋パスター


Category: 皮下腫瘍   Tags: ---
2016年11月12日(土)発見から2日目

朝起きて、早速確認。大きくなってやがる。
イヤイヤ。円周は変わらないんだけど
厚さが倍くらいになって固くなって質感も変わる。
ニュアンス的には「できもの」から「しこり」に変貌。

針を刺した所は 変わらず赤いが
それ以外は他と同じ色をしていて皮膚の厚みも昨日と変わらず。
本犬は痛みや痒みを 気にする様子もない。





会社の昼休みに 病院へ電話し報告。
成長が早いので、破裂する可能性の有無も聞いたら
「やはりニキビみたいなものなのでパンクする事もあります。パンク寸前の目安的には
皮膚が赤く薄くなりパンパンに膨らむ」と教えてもらった。
パンクする直前にも対処できるので そうなったら来てください…との事。

昨日、針生検してもらって
中身は角質と判明している。
そして、外科的には 切って中身を出すしか解決策はない。

…コレってさ、肛門腺が破裂する時と状況が似ているじゃん。。
むっちゃ痛がるだろうし、嫌だな…寝ているだけでも擦れる場所だもの。
炎症を起こさずに 鎮静 縮小を希望。

ならば!と、我ら 民間療法を取り入れる。

①できものなら割と万能な「里芋パスター」
②皮膚の事なら…と「葛粉」の増量
③腸内細菌の活性化の為の「乳酸菌」を添加が
当面の作戦。





しかし、できものが出来た場所が
また厄介。
右脇腹なのだが 胸が山なら、すぐ麓って感じの場所。
先日買ったばかりのマナーベルトに白羽の矢が立った。

水で溶いたパスター用里芋粉を練って
ガーゼに乗っけて くっつく包帯で巻いてから
マナーベルト。




1回目は3号で固定していたがキツそうだ。
そして、ズレる。撃沈。
2回目は4号をきつめに巻いたが、気がつけばベロベロになって朝を迎える。

…ダメじゃん。

しかも、葛粉の在庫が底を尽きかけている。
今、正に大量投入で撃沈させたいのに物資不足。
速攻 Amazonプライムで注文するが届くのは月曜日。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

08

10


 
プロフィール

レン

Author:レン
蓮(レン)人間。飼い主。
宝(ポウ)2008年生
イタグレブルー ♀
小樽生まれ。札幌育ち。
尻尾はドキンちゃん

 
いくつかな?
 
 
 
 
アクセスカウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

Archive   RSS   Login