蓮と宝

札幌在住。宝(ポウ・イタグレ9歳♀)普通の お散歩日記

 

大薬王樹


Category: ビワの葉エキス   Tags: ---
北海道には枇杷の木が生えていないから。

右:2014年8月7日 七夕の日に
自然食品屋さんの葉っぱで仕込み

左:2015年1月23日
おとーちゃんが採ってきてくれた葉っぱ仕込み



もうすぐ 1年経過との事で
いい加減 葉っぱを取り出しましょか?
一年開かずのハツカネズミの瓶を開封。

それにしても両方 同じ色に見える。
多分、左も出来ている。
もう 葉を取り出しても良いんだろうな。

モタモタ言ってないでピャッとやってしまおうと
葉っぱを取り出し、蓮的ろ過装置を通過すると
綺麗なべっこう色。

同じ日に仕込んだけれど
一足先に 葉を取り出していた(1月27日)
先発隊と比べると
ほら、この通りの色の違い。



うん。どっちも綺麗だよ。
なんでかは知らないけれど、しばらくしたら
今日開封した分も飴色に変わるよ。きっと。

ビワの葉エキス。効能は色々あると言われているけれど

私が 脅威の効果 治癒力を感じたのは
「火傷」と「虫刺され」と「吹出物」

どれもコットンに含ませて患部に塗るだけ
簡単で 単純明快。

…ちょっと酷いヤケドの時は
何度かコットン変えながら巻いていたかな。

とにかく、すごいの!
でも、効果は 体質によるでしょうね。
嗚呼、私。
民間療法が よく効くカラダでよかったわぁ。

宝にもポチッと出来たら塗ってるけれど
効果はよくわかんない。
赤みは 結構よく引くとは思うんだけと
痛みやら痒みやらが どう変化してるのかは
人間の私には 宝の感想はわからない。

ひとつ 注意は
アルコールで出来てるから
塗った後紫外線には気をつける事。
…それくらいかな。




今月の1日の小豆は 2日に決行
…まぁ、イイじゃないか(^◇^;)

宝のフィラリアも今日だったし。
画像の小豆昆布は、宝へのおすそ分け分。

侮るなかれ、日本古来の おばぁちゃんの知恵。

仕上げに ひと手間


Category: ビワの葉エキス   Tags: ---
スルメイカの蓋開けて





中を覗くはビワの葉エキス。
2014年8月7日仕込み。





チラッと見たら 結構綺麗に見えるんだけど
よーーーく見たら、細かいゴミ。


これ位は平気でか?と思いつつも
顕微鏡で覗いてみた。





こんなのとか。あんなのとか。


たつのおとしご。





自分的にはそんなに気にはならないが
これでは嫁には出せぬ…と

「こす」ことにした。

蓮が使った手段は。
コーヒーフィルター。百均製。






待つこと 数分で。


じゃん!!!





軽い ひと手間で。
超綺麗に仕上がりました。

紅茶みたいな色だよね。
透明感。抜群!一人喜ぶ。



瓶は煮沸消毒もしたし。雑菌バイバ~イ。
ぬかりなし??





コレで後は、さらなる熟成を待つだけ~。

出来上がり~♪で、イイんだよね。







あれ?犬ちゃんがいない。

って思って掘り返したら、いました。





迷惑そうにチロッと見る。


んーーー…生意気だ。




続。ビワの葉エキス作り


Category: ビワの葉エキス   Tags: ---
おとーーちゃん。ゴメンね。
葉っぱの数を数えるの忘れて切り刻んじゃった(T ^ T)





そう。今日は二陣の仕込み。
ホワイトリカーが買えたからね( ´ ▽ ` )ノ

予告通り、一陣よりも大きくダイナミックに
カラカラに乾いた葉っぱをカットしていく。

こないだよりも
全然チョチョイのチョイだよって
調子よく切っていたんだけど
瓶に入れる段になって
「詰めるのが大変だぁ~」って、なりました。
ほぼ、同じ量の筈なのにね。

で、ギュウギュウに無理くり詰め込んだら
ホワイトリカーを流し込む。

ハイ。出来上がり!
あとは待つべし。まずは3ヶ月~♪





奥に写るは、本日購入の土鍋。目止め中。
半年間で5個目ともなれば
いい加減な蓮だって慣れる(笑)
こちらもチョチョイのチョイだよ。

散々悩んだ挙句に、結局 決めたのは万古焼。
決め手は高耐熱の文字と底の形状。
ただのキャッチコピーじゃないコトを
信じましょう。





ウチでは強火で使う事は無いものの
30分間玄米を炒る。
空焚きみたいなもんだから
土鍋の負荷も大きいんだろうね。

それと。一緒に購入したのが
い草の鍋敷き。わぁ~~い!
コレも一発で気に入った。
ウチには今まで鍋敷きは1個もなかったからね~


ようこそ我が家へ。
これから、皆んなヨロシクね。





しめ縄じゃないよ。オモチャでもない。

齧っちゃダメなモノだよって言ってる所(笑)




家庭内手工業


Category: ビワの葉エキス   Tags: ---
本日1月23日。金曜日。
カサカサに乾いたビワの葉を漬ける日。
一陣の230gあったはずの
おとーちゃんの葉っぱは軽くなっている。





0.1.2.3 …
人生を悟るほど~ 賢い人間ではない~♪(byゆず)

でっかい声で歌いながらノリノリで。

…ってか、明日の犬ちゃんの玄心もないじゃないか

((((;゚Д゚)))))))ギョッ!!


こりゃ、手際良くやらないと
寝る暇がなくなっちゃうね~…f^_^;)
そんな時は紙に書いて順序だてる。



①瓶の用意

ハイ。絶賛煮沸滅菌中~
1800㎖の瓶を2本だよ。





②瓶を冷ます間の30分。玄米を炒る。
弾けないように慎重に火は微調整。
ヘラはグルグル右回りし続ける。

ほらね。
金胡麻よりちょっと薄めの色で出来上がり。
一粒たりとも 弾けていないよ。
ヘィ!上等~♪




③炒った玄米に水を入れたら、ビワの葉に戻る。

今回、仕込むにあたって
色んなサイトを眺めたけれど
1センチ角に切るってのもあれば
そのままでも大丈夫~的なものまでありました。
ちなみに前回は2.3㎝カット。

ちょっと悩んだけれど
1瓶は細かいカットで
もうひと瓶は大きめカットで作ってみる事にした。
違いが出るのか? 今からワクワク。


犬ちゃんは布団の中から
「何やってんの~?」って、チロッと見てるだけ




でわ。まず切ろう。
73枚の葉っぱと格闘。
黙々とキッチンバサミでカットするコト45分。
良くやった。わたし。コッパミジン。

エキスの出方の違いは昆布のダシみたいなもんだろか。





④瓶に詰めたら、ホワイトリカー35度を
ヒタヒタまで静かに注ぐ。

イェイ!!
コレで1瓶出来上がり。

おおっと。玄心も佳境に入ってきた。




⑤焦げないようにひたすら掻き回す。
水を足しながら好みの固さに仕上げていく。
今日のは こんな感じ。いい感じ~♪





出来上がり~で ワーーーい!!
瓶を。並べてみた。

たいしてエキスが出てないんでか?と
懸念していた第一弾エキスだか
並べてみたら葉っぱは茶色に見えてきた(笑)





日付が変わる頃やっと終了。

頑張ったよ~。わたし。花丸!!


い~ま~ 自分に出来ることを
ひたすらに 流されずにやってみよ~♪

…って、2時間強。ずっと鼻歌(笑)

ギターを弾きたくなったけれど時刻は深夜。
集合住宅なのでググッと我慢(^◇^;)


明日はもう一本を漬けるよ。
ホワイトリカーを買いに行くところから
スタートだけどね。。







父上様のおかげ


Category: ビワの葉エキス   Tags: ---
ここ札幌。
今日はピッカリ。スッキリ晴れている。






宝は。今日もニパチン走りで絶好調。
少々 気持ち悪い顔ですが。イタグレです。






今日も、会社から帰宅後は
葉っぱ洗いに精を出す。

背中の痛みに ヘコタレそうになりながらも
やり遂げました!えらい達成感!
完洗!って言うのかな~♪
…言わないだろうよ。


とにかく。私、頑張った。花丸。





緑が表で、黄緑が裏。
見えるかなぁ?
全体的に産毛に覆われていて
コレをタワシでとるのが厄介。
産毛が濁りの原因になるらしいから
丁寧に、優しくね。


虫食いの葉っぱも 千切れた葉っぱも
おとーーちゃーーんが
採ってきてくれた葉っぱだから
ぜーーんぶピカピカ、ニパチン葉っぱ。
スッカリ綺麗に洗い終わり~♪で、感謝。






父上様

お手数おかけいたしましたが
大事に使わせて頂きますね。
ありがとうございました。

そして、立派なビワの葉エキスとして
役立つエキスに育てます( ´ ▽ ` )ノ







今日の葉っぱは~~220g。
あれ?昨日半分洗ってたじゃん♪

そっか、そっかぁ~。


明日は瓶を熱湯消毒して
カサカサに乾いているはずの葉っぱの
裁断式。

んんん??日が悪い。


カットするのは明後日にしよう。
そしたら0123の日だもんね。覚えやすいし。






おやゃ!宝の爪も伸びている。



大丸で グッドデザインフェスタと
日本の職人展を催事で開催中。

山形の鉄瓶やら、秋田の曲げわっぱ。
職人技って マジ凄い。
シルエットがまるで違う。本物の貫禄。

そんな中でも
私は和歌山のタワシに釘付けになる。


だけど…今日の所は亀の子束子で用が足りた(笑)

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

10

12


 
プロフィール

レン

Author:レン
蓮(レン)人間。飼い主。
宝(ポウ)2008年生
イタグレブルー ♀
小樽生まれ。札幌育ち。
尻尾はドキンちゃん

 
いくつかな?
 
 
 
 
アクセスカウンター
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

Archive   RSS   Login